コロナの影響で帰国することが困難な外国籍の方へ

日本に滞在している外国人で、本国へ帰国することが難しい状況の方が大勢いらっしゃると報道されています。

そうした中、出入国在留管理庁が本日(12月1日)付で、特例でアルバイトを認める方針を公表いたしました。

アルバイトができる時間は週28時間以内です。

詳しくは、出入国在留管理庁のHPを御覧ください。

※出入国在留管理庁のHPでは、いくつかの言語での案内が掲載されております。

また、他の政府の対応も見ることもできます。

外国籍の方が、アルバイトをするためには「資格外活動」の許可をとる必要があります。

許可申請は、お近くの申請取次資格を持っている行政書士に御相談ください。

※当事務所では申請取次業務も行います。御相談はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です