令和3年1月15日が締め切りです!

持続化給付金

家賃支援給付金

の申請受付が、令和3年1月15日に締め切られます

※令和2年12月15日現在で公表されている情報から

この2つの給付金は、それぞれ申請の条件が決められています。振り返ってみましょう。

持続化給付金の申請の条件

次の両方を満たしていること。

  • 2019年以前から事業により事業収入を得ており、今後も事業を継続する意思があること。
  • 2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月があること。

※一度、持続化給付金の給付を受けた方は、再度給付申請はできません。

家賃支援給付金の申請の条件

次の3つの条件を満たしていること。

  • 2019年12月31日以前から事業収入を得ており、今後も事業を継続する意思があること。
  • 2020年5月から2020年12月までの間で、新型コロナ感染症の影響などにより、「いずれか1か月の売上が、前年同月比で50%以上減少している」か、あるいは「連続する3か月の売上の合計が、前年の同じ期間の売上の合計と比較して30%以上減っている」こと。
  • 他人の土地あるいは建物を自身で営む事業のために直接活用して、その対価として賃料を支払っていること。

御注意ください! 

2つの給付金とも、減収が認められる月が

2020年12月まで

になっていることに、御注意ください。

つまり、

「これまで持続化給付金の申請をしていなかったけれど、11月の売上が大きく落ち込んでいる」

という方は、令和3年1月15日まで申請できます

これは家賃支援給付金も同様です。

ご注意ください! ②

「2020年12月の売上が50%以上減少した!」

という、これまで持続化給付金や家賃支援給付金の申請をしていなかった方。

申請のための書類が、1月15日まで間に合わないこともあると思います。

2020年12月の減収

を給付対象の月にする場合には、特例として

申請締め切りが1月31日まで延長できる可能性があります。

ただし、この特例の適用にあたっては、2つの給付金で手続きが異なりますので、御注意ください。

★ 持続化給付金は、12月中に延期のための申請

★ 家賃支援給付金は、申請時に「申請期限に間に合わない理由書」の添付

詳しくは、下のそれぞれのWebサイトを御覧ください。

持続化給付金の申請期限に関するお知らせ

家賃支援給付金の申請期限について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です