子育て中の方、孤立してませんか?

昨日、仙台でまた悲しい事件が起きました。

2歳の子供を放置して死なせたとして母親が逮捕されたのです。

今年の1月には生後2か月の乳児が、栄養失調と思われる衰弱死で母親が逮捕され、

昨年の8月には乳児3人の死体を仙台のマンションに遺棄したと(2016年頃死亡か?)、大阪在住の女性が逮捕されています。

仙台で、なぜ乳幼児の死亡に関わる事件が起きているのか?

他の地域との比較はできませんが、なぜ仙台で、これほど子供が被害者になる事件が起きているのか?もちろん、仙台市としても対策を考え、実行していることとは思いますが。

ちなみに、厚生労働省が昨年夏に公表した平成28年度の虐待によって亡くなった子供は49名。そのうち32人(約65%)が0歳児で、その半分は生後1か月もたっていなかったそうです。予期していない妊娠の結果出産したり、検診を受けていなかったりという傾向が母親に見られるともありました。

※「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第14次報告)のポイント」厚生労働省より(https://www.mhlw.go.jp/content/11901000/000348310.pdf)

仙台での3件の事件では、母親はみな20代で、子供の父親の存在がわからない(報道されていない)というところが共通しています。

また仙台では、死亡事件以外にも虐待により保護者が逮捕されるということが起きています。

様々な乳幼児が被害者になる事件がありますが、共通して浮かび上がってくるのは、よく言われている「孤立」した親の姿です。

そうしたこともあってのことと思いますが、仙台市でも乳幼児の子育てを支援するサービスを様々行っています。例えば「産後ケア事業」では、デイサービスや宿泊を伴うサポートを受けられます。費用はかかるようですが(1500円~6000円)、心身が疲れたときには頼ってみることも大切だと思います。「ひとり親家庭等日常生活支援事業」では、ホームヘルパーを派遣してくれます(1時間当たり最高300円)。

(仙台の子育て関係の支援事業等はこちらを参照しました)http://www.city.sendai.jp/kurashi/kenkotofukushi/kosodate/index.html

とにかく、周囲に助けを求めること。助けを求める相手がいなければ、勇気を出して行政に相談してみる。仙台市にお住いの方であれば区役所家庭健康課に行って窓口で「助けて」と言ってみる。

これって、自分の人生を守るための大切なスキルではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です