時短要請関連事業者向けの支援金~仙台市

照明オペレーターのイラスト
酒屋さんのイラスト「ビールの配達」

昨日(7月13日)に、仙台市は新型コロナの影響を受けている事業者への支援金を給付する、申請書等を公表しました。

以下に、簡単に支援金の紹介をしますので、仙台市の事業者の方は御検討ください。

1.対象となる期間

令和3年5月 又は 6月 

の売上が、

令和元年(2019年) 又は 令和2年(2020年)の同月比

30%以上減少

している事業者が対象です。

2.対象となる事業者

次のA、B、Cのいずれかに該当している事業者です。例として挙げたもの以外でもOKです。

タクシーに乗る人のイラスト(女性)

A 宮城県や仙台市の営業時間短縮要請の影響を受けた事業者

例えば、飲食店に食材やお酒を販売している事業者、タクシー、運転代行、個人事業の接客業

B GoToキャンペーン停止による影響を受けた事業者

例えば、時短要請以外の飲食店(仕出し等)

C 宮城県・仙台市の緊急事態宣言による影響を受けた事業者

例えば、イベント関連、小売り、美容関係、演奏家、その他サービス業

3 給付額

売上減少率個人法人
30%~50%最大 5万円最大 10万円
50%以上最大 7.5万円最大 15万円

ただし、

「今年の5月(又は6月)の売上」ー「2019年又は2020年の5月(又は6月)」=減少額

上の式で求めた減少額が、上の表の最大金額より少なければ、減少額が給付されます。

4.月次支援金を申請できる?

月次支援金を申請していたり受給していても、この支援金を申請することは可能です!

5.申請書の入手方法

下の文字をクリックして、仙台市のWebサイトから必要書類をダウンロードしてください。

【7月13日新着】第2次時短要請等関連事業者支援金について【関連事業者向け】

記入にあたって、誤りがあると、その分だけ給付に時間がかかるか、申請が認められない可能性もあります。

慎重に記入しましょう。

【注意しましょう】

(1)交付実績報告書の業種や、事業の概要を記載するのを忘れないで!

(2)交付申請額は、「減少額」か「最大額」のどちらか少ない方です!

(3)「関連事業者影響情報シート」の「(2)どのような影響を受けているのか・・・」は、少し詳しめに書きましょう!

<ダメな例> 緊急事態宣言の影響により売上が減少した。

  ⇒ 上のダメな例程度の記載では、「不備」となり、より具体的な記載を求められます。

    つまり、給付が遅くなります!

  ★ 「『時短要請』や『緊急事態宣言』が、事業にどのように影響を与えた結果、売上が減少したのか 」 を、誰が読んでもわかるように書くと良いでしょう

6.当事務所のお手伝い

この申請について、次のようにお手伝いできます。

お手伝いの内容報酬額
相談(45分以内)4,000円
お客様が書いた書類の点検
影響情報シートの文案の考案
4,000円
申請書の作成の支援10,000円

※ 申請書作成の支援については、「誓約事項」のチェック以外は代理で作成します。書類が整いましたら、お客様に書類をお渡しします。その後、お客様が誓約事項に✔を入れ、押印のうえ、投函していただきます。

7.その他

時短要請対象者向けの支援金が、以上とは別にあります。

対象者は、5月又は6月の売上が 「50%以上 かつ 150万円以上の減少」 であることです。

詳しくは、下のWebサイトを御覧ください。

【7月13日新着】第2次時短要請等関連事業者支援金について【時短要請対象者向け】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です