最低賃金の地域格差

昨日(2019年7月29日)の朝日新聞に、「最低賃金 埋まらぬ地域格差」という記事が載っておりました。

地域別最低賃金は、毎年、各都道府県ごとに決まります。

先の記事によれば、最も高い東京都と最も低い県(おそらく年毎に違うのかもしれません)の差が、2002年度は時給で104円の差だったものが、2018年度には224円にまで広がっているというのです。

気になる記事だったので、少し調べてみました。

調べてみたのは、東京都八王子市と鹿児島県鹿児島市の比較です。ちなみに地域別最低賃金は都道府県ごとに決まるので、港区に住んでいようが、八王子に住んでいようが同じ最低賃金が適用されるということだと考えます。

鹿児島市の比較対象に八王子市を選んだのは、23区で比較したのでは環境差が大きすぎるのではないか、と思ったからです(東京の離島を選ばなかったのも同じです)。あとは私が東京にさほど詳しくないので、馴染みのある地名から選んだ以外の理由はありません。

鹿児島市を選んだのは、2018年10月決定の最低賃金が全国で最低だったことによります。(800円に届かなかった都道府県は、東北・四国・山陰・九州などに19ありました。)

上の表は、平成30年10月に決定した最低賃金をもとに私が試算したものです。そうすると、1か月の収入で44,800円、年間で537,600円の収入の差が生まれます。果たしてこの差を「妥当なもの」と認めてよいのか?ということです。

感覚的には、都市部の方が物価が高いから当然の差として認めてもよいような気もします。そこで、2019年6月の小売物価統計調査(動向編)を見てみます。ちなみに小売物価統計調査は総務省が取りまとめて発表する統計調査の1つです。

差は八王子の物価から鹿児島市のものを引いたものです。私は「案外差がない」と感じました。つまり、生活にかかる費用に、月4万もの差を生じさせるほどの大きな差はないと感じたのですが、いかがでしょうか。

でも、民間の家賃はさすがに東京は高いのでは?と思いますが・・・。

ちなみに、不動産サイトのアットホームで「2DK,築20年以内、駅徒歩20分以内」で検索してみました。

例えば、八王子市のめじろ台駅から徒歩10~15分で築15年ほどだと月6.2万円で管理費3000円。鹿児島市の谷山駅から徒歩5~10分くらいで築15年くらいだと月5.8万円で管理費1000円。

家賃には確かに差はありますが、それは1万円にも満たないものなのです。

さて、以上のように調べてみて、私は朝日新聞の記事に出ていた60歳の女性のように釈然としない思いになりました。

こうしたことは、先の参議院選挙でも問題になっていたようで、与党の中でも見直しを求める声は出てきていると記事は指摘しています。

ただ一方で、いきなり「全国一律、最低賃金1500円」とするわけにもいかないだろうとも思います。

そんなことをすれば、特に地方の中小企業の中には人件費が賄えず倒産するか、安い労働力を求め批判の強い外国人実習制度に頼らざるを得なくなるかのどちらかになることでしょう。いずれにしても、労働者にとっても良い結果になるとは思いません。

賃金の高低だけが幸・不幸を決定するわけではありません。

でも仕事の有無と、賃金の高低は「住む場所」を決める際の、大切な選択肢の1つではあります。

仕事の場としての企業を守りつつ、生活の在り方を左右する最低賃金を見直していく。このバランスを、どうするのが望ましいのか。

私にはわかりません。

わからないけれども、今後の制度改正や、人々の意識の動向等に注意をはらっていきたいとは思います。その結果を次の選挙時の投票に生かします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です