福島の農産物の安全性は日本有数?!

GAPについて学び始めてから、1つ気になることがありました。

※GAPについては、下に説明を書きました

それは東北6県の中で、JGAPの認証数が飛びぬけて多かったからです。

その理由については想像がつきましたが、今朝の朝日新聞の第2面を読んでそれが正解だったことがわかりました。

お気づきのように、福島第一原発事故により福島県は他の都道府県より大きな被害を受けました。

水産物や農作物は生産者や関係者の、並々ならぬ我慢と努力を重ねてもなかなか事故前の水準に戻らないと言います。

もともと食品中の放射性物質の濃度については、自治体が検査したものを厚生省が取りまとめて公表しています。

そこで、福島県では県で収穫される農産物の安全性をアピールするために、客観的な食品安全の認証基準であるGAP取得を強力に後押ししました。その結果、平成28年度での福島県のGAP認証所得数は10件程度だったものが、それ以降飛躍的に上昇したそうです。

参考 https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/wadai/1908/wadai.html

下記の農水省のデータによれば、平成31年3月末時点で、お茶を除いて(青果物、穀物、畜産物の合計)、GAPの認証を取得した農家の数は、福島県が日本1です。

※ただし、ASIAGAPとJGAPの認証数を単純に合計した数です。

GAPの認証を取得するためには、多くの手間暇がかかります。収穫した農作物への残留農薬の検査や認証を継続するためのお金も、毎年、数十万かかると言います。

※JGAPとASIAGAPの認証を継続するには、毎年、審査を受ける必要があります。

その手間暇や経費に見合う所得の向上が担保されているのかと言えば、そのようなことはありません。(GAPに取り組むことにより収入が増えたという農家もありますが、基本的にそれはまた別個の問題です。)

にもかかわらず、福島県のGAP認証取得数のこの多さ!

県の後押しがあるとは言え、福島県の生産者の努力は半端じゃないと言えるのではありませんか?

食品中の放射性物質の濃度の検査は、すべて自治体がしているとは限らない中、福島をはじめ東北や関東の都道府県は実施している。そして基準値以下のものが市場に出ています。

福島はそれに加えて、農産物の安全性を認証するGAPの取得数が多い。

以上のことから、流通している福島産の農産物の安全性の高さは、日本有数だと言える。と、私は思いますがいかがですか?

参考

★GAP(ギャップ)とは

Good Agricultural Practice = 良い 農業の やり方

のこと。

農林水産省は、

「農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための、関連する生産工程管理の取組」

と定義しています。

★「GAP認証をとる」とは

第三者機関の審査により、GAPが正しく実施されていることを確認されることです。

日本で代表的なGAP認証には、JGAP、ASIAGAP、GLOBALG.A.P.という3つの民間認証があります。その他に、各自治体や流通業者が独自に定めた基準によるGAPがあります。

★データ

「都道府県別のGAP認証取得経営体数」・・・農林水産省

https://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/attach/pdf/kengap-62.pdf

「【農産物】都道府県GAP取組確認状況」・・・農林水産省

https://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/attach/pdf/kengap-75.pdf

※都道府県GAPとは、「農林水産省のGAPガイドラインに準拠した都道府県GAPを策定し、自治体 等が農業者の取組を確認する仕組」(農林水産省)。上の取組状況は「農業者の取組を確認する仕組みがある自治体」についてのデータです。例えば宮城県では、GAPの点検項目をホームページで公開していますが、取組を確認する仕組みがありません。ですから、上の農林水産省の都道府県GAPの取組確認状況には宮城県のデータはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です