香港の青年たち

香港のデモが、段々と過激になっているのは何故か?

そんなことを新聞やら何やらの報道なんかを見ながら、ぼんやり考えたりしているわけです。

「暴力行為をエスカレートしたら、警察や中国政府の介入を強めるだけだろ」「空港をそんなに頻繁に閉鎖に追い込んだり、物を破壊したりすれば、主張を支持してきた人も支援しにくくなるだろう」と思ったりもするのですが、彼らは彼らでそうしなければ済まないような、何らかの事情があるのかもしれません。

いずれにしろ、冷静に対話によって終結を図ることは、恐らく難しい局面になったと思います。

もしかすると、今後、デモ参加者の逮捕等が増えるかもしれません。

そうすると、天安門事件の時のように、リーダー格の青年たちの海外への移住・亡命その他があるのではないでしょうか?

そのとき、日本はどうするのでしょう?

彼らを受入れるのでしょうか?傍観するのでしょうか?送り返すのでしょうか?第三国への移住を斡旋するのでしょうか?

受入れるとなれば、相応の覚悟が必要になるかもしれません。(観光客を受け入れるのとは違う。国内での体制、中国との関係・・・)

日本に、私たちにその覚悟はあるのか?

そもそも、日本は彼らにとって魅力的なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です