今日の仙台・錦町公園

天気が良いので、錦町公園までお散歩。

事務所から徒歩5分くらい。

桜を見に来ているらしい人が結構いたけど、皆、適度な距離をとって楽しんでいましたよ。

(「感染対策してますよ」的な表現を加える書き方。NHKっぽいですね)

上の写真の後ろの建物は、NHK仙台放送局。

下の写真。見づらいけど、スズメが花の蜜をすっていた。

FAXDMが嫌い!

当事務所にもFAXがありますが、このFAXにDM(ダイレクトメール)が送られてくることが度々あります。

このFAXDM、私は嫌いですね。

営業手法として、嫌悪感に近いものを感じます。

そもそも、なぜ、他人の経費を使って営業を仕掛けてくるのでしょうか?

紙のDMに比べ、発送元つまり営業をしている事業者の経費は削減できるかもしれませんが、その分、受け取る側にそのコストを転嫁しているわけですよね。

つまり、顧客になるかどうか分からない者、関心する持っていない者にお金を支払わせて広告を送ってくる。

自分は得をし、他人に負担を押し付けるようで、嫌いだなあ。

受取る側が負担するのは、たかだか数円かもしれないけれど。

紙のDMや飛込営業、テレアポ、メール・・・。どういう営業を行っても、相手先が不愉快に思うリスクはある程度は起こり得る。それはやむを得ないし、私も「お互い様」と思っている。

けれど、FAXDMに私が感じる不快指数は、ぶっちぎりのNo.1。

まったくもって、止めてもらいたい。

※配信停止の連絡をするのも嫌なんですよ。

手品を披露するラーメン屋~宮城県大崎市

醤油ラーメンのイラスト

先日、大崎市に行ってきたんです。

午前中に用事が終わり、国道4号線を仙台方面に向けて車を走らせていると、

左手の空き地に、赤いラーメンののぼり旗がはためいておりました。

空き地にです。

その近辺に飲食店の看板は出ておりません。

国道に並行して走っている道路沿いにあるのかと思い、興味がわいた私は脇道に車を入れましたね。

すると、民家に先ほどと同じようなラーメンののぼりが!

「隠れた名店か!?」

昼食時だったことだし、入ってみましたよ。

民家を改装した、小さな店をおばちゃん(おばあちゃん?)が1人でやっていたのでした。

券売機で醤油ラーメン550円を。

しばらくして、出てきた醤油ラーメンはスープはそこそこ、麺は少し柔らか目。まあ、普通のラーメンといったところ。

でも、このお店の最大の特徴はここからがスタート!

少しすると、おばちゃんが他のテーブルのお客さんに

「これ、おみやげ。持って帰って」

と語りかける声が。

てっきり、知り合いの常連さんに話していると思ったのですが、おばちゃん、何を思ったのか、私の所にも来て「おみやげ、持って帰って」と↓のような紙を2枚も渡すのです。

おばちゃんの話によれば、この紙は上手く折りたたむと↓のように同じ数字が4つとなりあうようにできるパズルらしいのです!

戸惑いながらも受け取った私に満足したおばちゃんは、奥に引っ込んでいきました。

少しすると、再びおばちゃんが袋を手に登場し、「カレンダーで作ったゴミ箱あげるから」と言って、↓のような紙を私のテーブルに置いていくのでした。

ちなみに私が入ったのは、ラーメン屋であって、知り合いのおばちゃんの家ではありません。

さて、食べ終わった私が帰り支度を始めた頃、おばちゃん再び登場し、「少し時間ある?」と聞いてくるではありませんか。

少しなら、と答えるや否や、おばちゃんハンカチを取り出し、手品をやりだしたのです。

で、結局、手品は2つご披露頂きました。

さらにおばちゃん、「前は三味線があったから弾いたんだけども・・・」と語りだし、なんだか本当に親戚のおばちゃんの家に昼ご飯を食べに寄ったような気分になったのでした。

でも、このおばちゃん。

帰るお客さんへの挨拶は、本当に心のこもった言葉と表情で、「ありがとうございました」と深々とお辞儀をしたのでした。

他に類を見ないラーメン屋でしたが、心がほっこりするお店です。

お店の名前を確認するのを忘れてしまいましたが、火曜日が定休日というのは覚えています。

大崎市中心部から国道4号線を仙台・三本木方面に走らせ渋井川・多田川の手前あたりに差し掛かったころ、左手に見える赤いのぼり旗が目印です。

玉置浩二!いいですねぇ。

玉置浩二さん。

いいですねえ。

年を重ねて、どんどん歌がすごくなってきているような気がします。

最近は、お昼休みに

YouTubeで玉置さんの歌を聞くのがお気に入りです。

それと、玉置さんの歌について

熱く語る方の動画も面白い。

宮城県・仙台市緊急事態宣言

宮城県と仙台市が共同で緊急事態宣言を出しましたね。

この緊急事態宣言によって、これまでと何が変わるのか?

少々わかりづらかったので、調べてみました。

それを私なりに整理してみましたが・・・。

4月11日(日)までの緊急対策

これから令和3年4月11日(日)までに行われる対策は、大きく分けて、次の3つ。

  1. 感染抑制対策
  2. 早期発見と感染拡大防止対策
  3. 営業時間短縮要請にむけた機動的な発動

1.感染抑制対策

これまで呼びかけられている対策を、徹底するよう呼び掛けているようです。

2.早期発見と感染拡大防止対策

今回の緊急対応の中心的な内容かと思います。

仙台市中心部の繁華街での検査に加えて、仙台市中心部の通行人や大型集客施設への来訪者および企業や大学でのPCR検査を4月から実施するそうです。

それと、高齢者施設での検査を強化することや、報道にもあったように保健所職員の応援を依頼することが対策として打ち出されています。

3.営業時間短縮要請に向けた機動的な発動

飲食店や取引先にとって気がかりなのは、時短要請が出されるのか否かということだと思います。

事業者の皆さんとしては、セーフティーネットを活用した融資や日本政策金融公庫のコロナ対応融資等は既に利用済かもしれませんし、中小企業庁の補助金等も検討されたことでしょう。

今後、政府や県からどのような支援策が出されるかわかりませんが、このHPでもその都度、情報をお届けしたいと思います。

令和3年4月30日まで継続する対策

私が危うく勘違いしそうになったのは、仮に4月11日に緊急事態宣言が解除になったとしても、次の6つの対策は4月30日までは継続されるだろうということです(実は3月5日から実施していた)。

  1. 外出の自粛要請
  2. リバウンド防止策の協力要請
  3. 外出時等における感染防止対策の協力要請
  4. 催物(イベント等)開催制限等について
  5. 職場における感染防止対策の協力要請について
  6. 施設における感染防止対策の協力要請について

1.外出の自粛要請

〇指定都道府県・まん延防止等重点措置区域への不要不急の移動は避ける。

3月5日時点で、埼玉・千葉・東京・神奈川への移動のことを指しています。

〇その他の地域への移動は、現地の状況を踏まえた慎重な判断をする。

ということは、4月11日までは仙台市への移動については慎重に判断してほしいということでしょうか?

2.リバウンド防止策の協力要請

テレビや新聞でも報道されているような、飲食店を利用する際の注意や、歓送迎会などの宴会、お花見の自粛などについての要請です。

3.外出時等における感染防止対策の協力要請

マスクの着用や手洗い、換気、人と人との距離の確保などの、1人1人が行う対策と、

飲食やマスクなしでの会話、狭い空間での共同生活(寮など)、居場所の切り替わり(更衣室、喫煙所など)の場面への注意が主となっています。

加えて、感染拡大予防ガイドラインを遵守していない飲食店の利用自粛も、要請内容に含まれています。

4.催物(イベント等)開催制限

一律禁止とかではなく、人数制限と感染対策の徹底です。

ですが、条件をクリアするのは中々にハードルが高そうに、私には思えます。

営業として行うならともかくとして、町内会とか親睦会として行うイベントで条件が確保されているかどうかを確認するのは大変そうです。

5.職場における感染防止対策

最近の県内のクラスターの発生状況からすると、こちらはもう一度徹底した方がよさそうですけれど。

一時支援金の事前確認

当事務所では、一時支援金の事前確認を受け付けております。

顧問契約を条件にすることもございません。

事前に電話、またはメールでお問い合わせください。

なお、事前確認には申請IDが必要になります。

お越しの際には、申請IDをメモしたものなどを頂ければ幸いです。

延命措置、誰が決める?~YouTube⑥

動画のサムネイル: 延命措置、誰が決める?

YouTubeに投稿した動画は、延命措置についての意思の表示がテーマです。

「リビングウイル」 とか 「尊厳死宣言」 と言われるものです。

このテーマについて、私は若いころから関心がありました。

中学校の教員をしていた時は、道徳の時間にしばしば取り上げたものです。

それでもYouTubeのような動画という一方的に流すタイプのメディアでお伝えするのは大変難しくて、意図していることがきちんとお伝えできているかどうか、正直言って、少々心配です。

やはり、対面で一緒に考える方が、私は好きだなあ。

それにしても、動画の時間がだんだん長くなってきている。もう少し、コンパクトに、わかりやすくまとめたい。反省します。

延命措置、誰が決める?

YouTube⑤

3月5日に、YouTubeに

エンディングノートって、めんどくさい!

を公開しました。

今回の動画は、「あるお宅に相談のためお邪魔した」という設定で作ってみました。

御協力いただいた Kさんと御家族には感謝申し上げます。

次回は、延命措置についての意思表示についての動画を予定しております。

その他の動画は、こちらの「動画のリスト」から御覧ください。

一時支援金~緊急事態宣言が発令されていない地域(例えば宮城)

2021年の1月に、都道府県を限定して再発令された緊急事態宣言。

3月3日の報道では、首都圏は2週間程度、延長される見通しのようで、これによる事業者への影響が心配です。

ですが、例えば私が住む宮城県のように、緊急事態宣言が発令されていない地域にも、大きな影響を受けている事業者は大勢います。

3月8日(月)から申請受付が始まる一時支援金は、

宮城県のように緊急事態宣言が発令されていない地域でも、下記のような条件に当てはまれば一時金が支給される可能性があります。

ここでは、一時支援金の概要をお伝えします。

特に、申請の手順は、持続化給付金や家賃支援の時とは異なりますので、御注意ください。

詳しくは、経済産業省 か 一時支援金事務局のHPを御覧ください。(下の「5 注意」のところにリンクを貼りましたので、御利用下さい。)

1 緊急事態宣言の発令地域(宣言地域

栃木県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県

※既に緊急事態宣言が解除されている地域も含みます。

※以下、宣言地域と書きます。

2 一時支援金の給付対象

給付対象者は、最低限、次の(1)と(2)の2つの条件両方に当てはまっていること。

 (1) 取引の条件

 (2) 売上の条件

(1) 取引の条件

取引の条件として、次の2つのいずれかに該当していること。

 〇 宣言地域内の営業時間短縮要請による協力金の支払対象になる飲食店と、直接・間接の取引があること。

 〇 宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けたこと。

【参考】 宣言地域内の営業時間短縮要請による協力金の支払い対象の条件(主なもの)

  • 中小企業または個人事業
  • 飲食店等
  • 従前、夜20時から翌朝5時までの間に営業を行っていた店舗が、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業を行わず(終日休業含む)、酒類の提供は11時から19時までとした場合 (酒類の提供を終日行わなかった場合を含む)

※上記は、東京都のHP「感染拡大防止協力金の御案内」の情報から。

(2) 売上の条件

2019年または2020年の同月と比べ、

2021年の1月、2月、3月のいずれかの月の売上が50%以上減少していること。

売上減少が、「(1)取引の条件」が原因になっていることが大切な条件です。

3 給付額

〇 中小法人等は60万円が上限。

〇 個人事業者等は30万円が上限。

として、下記のような計算式で求めた額が給付されます。

給付額の計算式

2020年または2019年の対象期間の合計売上 - 2021年の対象月の売上×3

4 申請手順

以下、申請を希望する方の立場からの、申請の流れをお示しします。

(1) 一時支援金事務局のHPで、仮登録

仮登録により受取った申請IDが、次のステップ以降で必要になります。

一時支援金事務局のアドレスは、下の「注意」にリンクを貼りましたので、そちらを御利用下さい。

(2) 登録確認機関で事前確認

登録確認機関では、申請を希望される方が、事業を行っていることや、一時支援金の制度を理解していること、書類があることを確認することに留まります。

事前確認が済んだとしても、必ずしも一時支援金が給付されるものではありませんので、御注意ください。

詳しくは、経済産業省か一時支援金事務局のHPを御覧ください。

(3) 本申請

マイページから本申請を行います。

5 注意

以上に示した給付対象や条件、申請の流れは概略ですので、必ず、詳しい情報を

経済産業省

または

一時支援金事務局のHP

で御確認ください。