「終活」なんておやめなさい

ひろさちや という仏教の本をたくさん書かれておられる方がいらっしゃいます。

私が大学生の時、後輩にこの方の著書を薦められて以来、これまで何冊か購入し読んでいます。つまり、私の仏教に関する知識の多くは、この方の本から得たものです。

困ったことに、ひろさちやさんは「『終活』なんておやめなさい」という本もお出しになっているんです。

※「終活なんておやめなさい」ひろさちや著(青春新書プレイブックス)

しかも、現在発売されている「週刊新潮2021年5月6・13日ゴールデンウイーク特大号」にも同じタイトルの記事が載っているらしいのです。

ちなみに、私は新書の方を読みました。

ひろさちや さんらしい、とてもわかりやすくて、「なるほど。さすがだなあ」と感心してしまいました。

しかしながら、ここは敢えて尊敬する ひろさちや さんの主張に異を唱え

自分なりの終活をいたしましょう!

と、私は言いましょう。

ひろさちや さんはバリバリの仏教徒だと思います。

ひろさちや さんの「終活をしない」という主張は、1つには仏教の考えが背景にあると思います。

でも、私たちの中のどれほどの人が、そうした仏教的死生観を持っているでしょうか?

もう一つ、ひろさちや さんの「終活をしない」という主張には、いくつかの世代が同居する昔ながらの家族の存在を前提にしていると私には思われます。

つまり、祖父母、両親、孫の3世代同居家族。あるいは同居まではいかなくても、しょっちゅう互いの家を行き来したり連絡を取り合っている家族。

こうした家族ならば、互いの経済観や死生観を知り、感じられる関係にあるから、遺言やエンディングノート、あるいはリビングウイルなども不要かもしれません。介護も、自宅で家族が協力して行うことで、何の不足もないことでしょう。

さらに、お葬式の形式も古くからのしきたりで行うことが当然で、「死人が出た」となれば頼まれなくても隣近所から人や物が集まり葬式が進んでいくというような地域であれば、かえって「葬式への希望」などは邪魔なだけかもしれません。

しかし、社会も人も、そうしたものからは変わった。

あなたの大よその財産や死生観あるいは信仰や、生活・食べ物の好みを知っている人で、身近にいるのは何人おられるでしょうか?

だから、私は「終活をしましょう!」と呼びかけます。

終活は、「自分がやがて死にゆく存在である」ということを受入れていく準備にもなります。

この「死にゆく自分を受入れるための終活」は、ひろさちや さんも否定しておりません。

また、嬉しいことに、ひろさちや さんは「散骨おおいに結構」と仏教や葬式・納骨の歴史を踏まえて、述べておられます。

だから、自分なりの終活をしましょう。

とりあえず、御家族で私の終活に関する動画を御覧になってみてください。

動画は無料で御覧いただけますから!

公開済みの動画は、「動画のリスト」から見ていただくか、YouTubeで「仙台の澤田行政書士事務所」で検索してみてください。

ボーっと管理していると、兄弟に叱られる!~YouTube配信⑨

YouTubeに「ボーっと管理していると、兄弟に叱られる!」という動画を公開しました。

親が認知症になったために、そのお金や家の管理をする役割を担うことがあります。

でも、管理の仕方によっては、相続の時のトラブルに発展しかねません。

少々面倒くさくっても、慎重に取り扱うことに越したことはないのです。

この動画では5つの方法を紹介しています。

ぜひ御覧になってください。

話しは変わりますが、

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」で、北大路欣也さんが徳川家康役で、時代背景とかを話すコーナーがあります。

お一人で、長~いセリフを見事に語る。

プロですねえ。すごいです。

仙台市時短要請の関連事業者向けの支援金

一時支援金の事前確認への問い合わせのお電話を、多くの方から頂きました。

でも、残念ながらそのお電話で事前確認をお断りした方も、何人もおられます。

それらの方は、2020年12月末から出された仙台市の時短要請の影響を受けておられるのですが、東京などに政府が出した緊急事態宣言の影響とは言えないケースでした。

しかし、これらの方の中には、

仙台市時短要請等関連事業者支援金

が給付される可能性があるケースもあります。

給付の対象

① 個人事業主ならば、「仙台市内に住民票がある」か「仙台市内に事業所があることを証明できる」こと。

法人なら、仙台市内に本店の登記がされていること(大企業等は除く)。

② 令和3年1月以前から事業を行っており、今後も継続する意思があること。

③ 次のいずれかの影響により、令和2年12月~令和3年4月のいずれかの月の売上が前年同月比で30%以上減少している事。

  • 宮城県による時短営業要請の影響
  • GoToキャンペーン停止の影響
  • 宮城県・仙台市の緊急事態宣言の影響

給付額

減少率 個人事業主 法人
30%以上50%未満 上限金額 10万円 上限金額 20万円
50%以上 上限金額 15万円 上限金額 30万円

※ ただし、対象の月の減少額が、上記金額より少ない場合は、その減少額が給付されます。

その他

仙台市が作成した「申請の手引き」を見ると、給付の対象になりそうな業種の幅は広いです。

小売店はもちろん、運転代行業、飲食店等で演奏しているミュージシャンの他、接客サービス業なども「給付の対象」に記した条件に当てはまっていれば支給されるかもしれません。

申請期限は令和3年5月14日(金)まで。

その他の申請方法などは、仙台市のホームページ「時短要請等関連事業者支援金について【関連事業者向け】」を御覧ください。

なお、当事務所では7,000円~21,000円で申請書作成のお手伝いをいたしております。

一時支援金事前確認で感じたこと

一時支援金の事前確認の登録機関に応募した時、正直、こんなに確認依頼の問い合わせがくるとは思っていませんでした。

というのも、この一時支援金は関東の一都4県、中部地方の2件、近畿の2府1県に出された緊急事態宣言の影響による減収が条件なので、私のいる宮城だと農家や水産関係、酒造メーカーなどの食品関係や、旅館やホテルくらいかと思い込んでいたからです。

正直、想像力不足でしたね。

逆に言えば、社会勉強になりましたし、その勉強は今も継続中です。

理解したことの1つには、「1都4県は近い!」ということがあります。

私の事務所が仙台駅近くということもあるかもしれませんが、1都4県に御住まいの方がお客様だという様々な職種の個人事業主が大勢いらっしゃるんですね。もちろん、通販ではありません(通販なら巣ごもり需要があるでしょうから)。

逆に、イベント関係やインストラクターなど1都4県に出向いて仕事をされている方もいらっしゃいます。

「住まいは仙台だけど、仕事はほぼ東京」という方もおられます。

「仙台に住んでいるんだから、仙台を中心とした地域の方を顧客とする仕事を、仙台でする」という私の感覚は、何十年も前の化石のようなものでした。

言い訳をすれば、教員歴が長いという私のキャリアからすれば、そのような思い込みは仕方がないのかもしれませんが。

もう一つ勉強になっているのは、月並みですが「職業に卑賤無し」ということ。

みなさん、真面目というか、真剣というか、一生懸命というか、何と表現していいのかわかりませんが、つまり「チャラい」人はいないということです。

例えば、軽い印象としてキャバクラなどで働くホステスさん。お店に雇われているのではなく、個人事業として業務を受託して働いている方。

その業界では当然なのかもしれませんが、その方なりの顧客名簿があり、来店された月日や、会話から聞き取ったことで次にお会いした時の接待の参考情報などがメモしてある。

私とのやり取りも、とても丁寧で、「こういう方ならお客さんがつくんだろうな」と思いました。

あるいは、別のケースで。

宮城県・仙台市が出した緊急事態宣言の影響による減収が給付条件と誤解されていた方が何名かおられました。

こうした場合には、残念ながら「事前確認はできません」とお断りしております。

でも皆さん、落胆はしても、丁寧なあいさつを残してお帰りになるのです。

「何とか、事前確認してくれ!」とゴネる方は1人もおりません。紳士淑女の方々ばかりです。

また、拝見する書類もキチンと整理されておられます。

持続化給付金や家賃支援金などの申請で慣れたということもあるのかもしれませんが。

以上、「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、なんとなく書き留めたくなったものですから。

※冒頭の写真は、家に咲いたオオアマナ

仙台市感染症拡大防止協力金第4期~3月25日から4月5日までの分

仙台市感染拡大防止協力金第4期の申請様式や手引きが、仙台市のHPに掲載されましたね。

※3月25日から4月5日までの時短営業要請に応じた酒類を提供する飲食店や接待を伴う飲食店対象

当事務所で、様式一式をダウンロードして確認したところ、1点だけ疑問があったので仙台市に問い合わせて確認したことがあるので、ここに記しておきます。

様式第1-4号の「交付申請書兼実績報告書」の「3 交付申請額」の右横に

「※別紙「店舗ごとの支給額一覧」を添付してください」

と記載されています。

この「店舗ごとの支給額一覧」というのが、申請書類のところにはなかったので、問い合わせてみました。

この「店舗ごとの支給額一覧」とは、「店舗情報シート」のこと

と、4月9日午後4時半ごろに、電話で確認しております。

4月9日以降にダウンロードする方や、申請書作成支援窓口で申請書を作成する場合は大丈夫かもしれませんが、

念のため情報共有の意味で記載しました。

なお、当事務所で申請書作成を支援する場合は、7,000円~21,000円で承ります。

仙台市内の飲食店への要請~まん延防止重点措置

昨日の4月5日から仙台市は、「まん延防止の重点措置」の対象地域に指定されました。

これにより、仙台市内の飲食店にまん延防止重点措置に基づく協力要請がなされています。

では、3月25日からの時短要請と、4月5日からの要請にどのような違いがあるのか?

既に御存知の方も多いかと思いますが、私自身の確認のためにまとめてみます。

今回は主として仙台市内の飲食店を念頭に書いています。仙台市以外の宮城県の飲食店については、下の方に、少しだけ触れています。

1 3月25日からの時短要請と、4月5日以降の違い

  3月25日~4月4日の要請 4月5日~5月5日の要請
対象となる店舗

・接待を伴う飲食店

・酒類を提供する施設・店

食品衛生法上の営業許可を取得している飲食店

※一部対象外となる飲食店もある(注)。

時間短縮営業

午前5時から午後9時までの営業

※ただし、通常は午後9時から翌朝5時までを含む時間帯に営業していること。

午前5時から午後8時までの営業

酒類の提供は午前11時から午後7時まで。

その他 省略

時短営業、その他の要請内容に従わない時に、場合によっては20万円以下の過料

※詳細は、2に記します。

(注)時間短縮要請対象外の飲食店の例

  • インターネットカフェ等の宿泊を伴う利用がある程度見込まれる店
  • イートインスペースのあるスーパーやコンビニ
  • デリバリー専門店
  • 惣菜、弁当などの持ち帰り専門店
  • 車内に飲食スペースを有さないキッチンカー

2 4月5日以降の要請で、注意したい事がら

宮城県の「まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請内容」から読み取れる事の中で、私が注意すべきかとおもうことを書きます。

まず、この要請内容は、新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下、特措法と書きます)の2つの条項に分けて書かれていることに注意した方がよいかと思います。

  • 特措法第24条第9項
  • 特措法第31条の6第1項

なんで、こんな細かいことに「注意せよ!」と書いているかというと、「第31条の6第1項」に基づく要請は、「県からのお願い」というやさしいものではなく、次に書くように「従わなければならない仕組み」になっているからです。

逆に、「ちゃんと要請に応えた飲食店には協力金を支払います」となっているのです。

協力金支払の条件については、宮城県の「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について(仙台市)」を御覧いただきたいのですが、ここには「過去に協力金をもらえたかどうかは脇において、今回の要請にきっちり応えた方にお支払いします」的な文が含まれていることにもご注意くださいね。

(1) まん延防止重点措置(特措法第31条の6)の仕組み

【第1段階】 要請の段階 (特措法第31条の6第1項)

感染防止対策として要請されている事柄が、これまでと同じ内容だったとしても、要請の根拠が「特措法第31条の6第1項により」となった時点で、第2段階以降の手順を踏んでいき、最終的に第4段階の過料を科せられる可能性が生じます。

【第2段階】 報告を求めたり、立入調査をしたりする段階 (特措法第72条)

報道によれば、4月5日の時点で県職員による飲食店への見回りが開始されていますね。もしかすると、この見回りで不審点があれば、この第2段階の報告等につながっていくかもしれません。

【第3段階】 要請への対応を命じる段階 (特措法第31条の6第3項)

正当な理由がないのに、第1段階の要請に応じない事業者に対して、「ちゃんと要請に応じた対策を行いなさい」と命じる権限が県知事に与えられたのです。

第2段階は、この命令を出すかどうかを判断するための措置です。

【第4段階】 第3段階の命令に違反した場合には、20万円以下の過料(特措法第80条)

ちなみに、第2段階の報告や立入調査に応じなかったり、隠したり、嘘の報告をした場合にも20万円以下の過料が科せられます。

この20万円という過料が、その事業者にとってどの程度「痛い」罰なのかわかりませんが、ある程度の顧客からマイナスイメージを持たれるというダメージは大きいのではないでしょうか。

(2) 特措法第31条の6第1項に基づく要請

上の(1)からすると、原則すべての飲食店で必ず取り組むべき項目になります。

① 4月5日午後8時~5月6日午前5時までの時間短縮営業

  • 午前5時から午後8時までの時間短縮営業
  • 酒類提供は午前11時から午後7時まで

② 利用者へのマスク会食実施の周知 及び 正当な理由なく応じない利用者の入場禁止(退場含む)

飲食店で最も難しいのがマスク会食ではないでしょうか?

どうしても「マスクを外して会話」をしてしまいがちなので、お店としては対応に苦慮しそうです。

③ アクリル板の設置等

これについては、次のような事をお店の事情に応じて実施すればよいようです。

  • アクリル板 や 透明ビニールカーテン等による飛沫をさえぎることができる物の設置
  • 人と人との距離の確保(最低1m、できれば2m)

私の重点措置発令以前の記憶からすると、客席での対策をされているお店は多いのですが、

カウンター席での、客席と厨房の間 に何らかの対応が必要なお店はあるように思います。

④ 特措法施行令第5条の5第1項各号に規定される措置

具体的には、次の6項目です。

  • スタッフへ検査を受けることの勧奨
  • 入場者の感染防止のための整理・誘導
  • 発熱などの症状を有する者の入場禁止(スタッフ・客とも)
  • 手指の消毒設備の設置
  • 事業所の消毒
  • 施設の換気

(3) 特措法第24条第9項に基づく要請

以下に記す要請内容は、(2)に書いた要請とは異なり罰則は想定されていませんが、新型コロナの感染者を少なくするためには必要な措置なのだろうと思います。

① CO2センサーの設置

換気のタイミングや長さを計るために、CO2センサーの設置を求められているのだと思います。

噂によれば、仙台市内での入手が難しくなりつつあるようです(4月6日現在の噂)。インターネットで入手する方が早いかもしれません。(某通販サイトでは4000円~2万円くらいで売られていました)

入手が難しい場合には、co2センサー設置の目的からしてコマメな換気を徹底するしかないかもしれません。

② 業種別ガイドラインの遵守徹底

③ カラオケの利用自粛

クラスター発生の報道の印象からすると、昼間のカラオケができる店でも感染しているようです。

カラオケをしながら感染予防を実施するのは難しいと思うので、今は、全面的に自粛された方が安全かと私は思いますが、いかがでしょう?

3 仙台市以外の宮城県内の飲食店への要請

仙台市以外の飲食店では

  • 接待を伴う飲食店
  • 酒類を提供する飲食店(カラオケ店等を含む)

に限って、午前5時から午後9時までの短縮営業が要請されています。

短縮営業以外は、すべての飲食店について仙台市の飲食店への要請事項が特措法第24条9項に基づいて出されています。

つまり、純粋に「感染防止への協力依頼」ですが、「時短短縮要請に協力してくれた要請の対象となるお店」には協力金が支払われます。

詳しくは、宮城県の「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について(仙台市以外の市町村)」を御覧ください。

単身赴任先で車を使うなら、車検証の書き換えも忘れずに!

洗車をしている男性のイラスト

今日は4月2日。

令和3年度を、新しいお住まいでスタートされた方もいらっしゃることと思います。

これまで乗ってきた自動車を、引越し先でも継続して使用する場合、車検証の所有者または使用者の住所を書き換えをなければなりません。(この手続きを「変更登録」と言います。)

これは、

単身赴任のように住民票を移さないときでも、その転居先で自動車を使用するなら必要な手続きです!

この手続きを怠ると、50万円以下の罰金も有り得るくらい大切な手続きです。

※この画像は国土交通省のHPより引用

特に、仕事の都合による転居の場合、急な異動で転居先で荷ほどきも十分でないまま仕事が始まることが多いので、どうしても自動車の手続を忘れてしまいがちです。

こんなことを言っている私も、行政書士になり自動車手続の勉強をするまでは、まったくわかっていませんでした!

私の住まいの周囲にはアパートが多いのですが、駐車場の車のナンバーを見てみると、本来は仙台ナンバーだらけのはずなのに、宮城ナンバーならまだしも、他県ナンバーもかなりの台数がありますね。

そんなとき、「手続をお忘れですね!」と、つい、私の名刺をワイパーに挟めてしまいたくなります。

転居後の自動車の手続は行政書士に御依頼を!

特に、ナンバー変更を伴う場合、陸運支局に車を持ち込まずにナンバープレートを交換できる「出張封印」という作業にも対応できる行政書士に依頼されると気分的にも楽かと思います。

仙台市や近隣に御住まいの方は、ぜひ当事務所にお問合せください!

ちなみに、

自賠責保険や任意保険の手続もお忘れなく!

※住民票を移動したら、運転免許証の住所も変更!

なお、変更登録に必要な書類や、当事務所の報酬などについては、こちらを御覧ください。

変更登録~自動車の登録

私の後見人は私が選びます!~YouTube⑧

今日、YouTube動画「私の後見人は私が選びます!」を公開しました。

内容は、任意後見制度についての簡単な説明です。

認知症などで判断する力が衰える前に、将来、財産管理をお願いする方と契約を結んでおくのが任意後見制度です。

もう少し詳しいことは動画を、どうか御覧ください。

YouTube「私の後見人は私が選びます!

その他の動画については、「動画のリスト」を御覧ください。