3人の若者が会社設立の相談に来てくれました♪

秋の良い感じのする先週。

3人の若者が会社設立の相談に来てくれました。

と言っても、お1人はオンラインでの参加。

私はZoomやYoutubeでの研修には参加しているのですが、打合せ等での利用は初めて。今回は、来所された方がすべて準備してくださったので、私は会話に専念できて楽ちんでした(ネット環境がイマイチだったようなので、音声のみの利用になりました)。

この3名の方は学生時代からの仲間。これまで、個人事業あるいは会社員として協力して仕事をしていたけれど、これから1つの企業として活動を始める計画です。

そして会社の定款の作成、登記などの会社設立に関わる1つ1つの手続も協力して行っていくという仲の良い3人組でした。

でも、経験者ならお分かりのように、実際に会社設立に向けて動き出すと、分からないことや不安なことが次々に出てくるものです。この若い経営者たちも、動き出したからこそ見えてくる課題に直面したのでしょう。

とは言え、仕事のできそうな方がた。相談内容をまとめた書類を準備されており、これに沿って話をすればよかったので私としては助かりました。

今回は、会社設立手続の説明に加えて、私個人の意見や中小企業診断士から聞いた話なども交えて(例えば出資金の振込口座のことや、法人口座の開設など)お話ししました。これからの参考になればと願っています。

起業する時に・・・

 インターネットを検索すれば、個人事業の始め方や会社設立の方法を紹介するサイトをいくつも見つけることができます。本屋に行けば、選ぶのに困るくらいの参考書があります。

 こうした情報を元に、専門家に頼らず自力で起業することはできます。

 私も自力で起業した1人です。

 でも、インターネットや本にある情報では解決方法が分からない時があります。あるいは、そもそも本などを調べる時間がないことも。

 そういう時は、多少お金はかかるけれども専門家に相談する方が手っ取り早いし、安心できます。つながりができれば、新たな課題にぶつかったときも相談しやすいはずです。

 でも、注意された方が良いことが1つあります。

 専門職の事務所の中には、事務の委任や顧問契約を条件に相談に応じるところもあります。

 ですから相談の予約をする際には、相談料の他に、そうした条件等についても確認した方が良いと思います。

 当事務所では、「相談だけ」の御依頼も喜んでお受けいたします。

 逆に言えば、相談だけで終わっても良いから、当事務所では初回相談も有料にしております。(原則として45分で4,000円です。)

 お気軽にご相談ください。

韓ドラから学ぶ「親なき後」への準備

韓国のドラマがちょっとしたブームのようですが、私もよく観る1人です。

その中で

韓ドラ「ムーブ トウ ヘブン ~私は遺品整理士です

は、好きな番組の1つ。

これまで2回観ましたが、この番組で「『親なき後』を見すえた終活」について学ぶことがありました。

ドラマの主人公は自閉症スペクトラムを持つ青年。名前をグルと言います。

「母」は幼い時に亡くなり「父」がグルを育ててきたけれど、その「父」も突然亡くなってしまうという設定です。

このドラマで学んだ、親なき後の終活の3つのポイントを御紹介します。

【ポイント1】 財産

亡くなった「父」は、自分の死を予想していたのだろうと思います。

だからグルのために様々なものを遺しています。おそらくは意図的に、注意深く。

財産はその1つ。後で紹介する2つのポイントも財産にあたりますが、ここでは経済的な価値のある財産に絞ります。

まず、「父」は安心して住める家を遺しました。

そして「父」は遺品整理の事業をグルと一緒に行っていました。

ドラマでは明確にはなっていないと思うのですが、おそらくその他にも預金等の財産もあったであろうと思われます。

ただ、ここまでできたのは、ドラマだからかもしれません。

でも、一般的なサラリーマンの家庭であっても、長期的な展望に立って財産を遺す方法はあると思います。

例えば生命保険信託の利用もその1つです。

【ポイント2】 人のつながり

「父」がグルに遺した最も重要なものは、「人とのつながり」だと私は思います。

まず「父」の死後、グルが初対面する叔父。この叔父はグルの後見人候補者として生活を共にします。いろいろ訳アリの人ではありましたが・・・。そして後見人候補者として指名したのが「父」でした。

「父」は弁護士にも依頼しています。この弁護士は後見人候補者を監督する役割ですが、「父」の生前からグルとも信頼関係を築いていたことが感じられます。

「父」の仕事仲間である廃品回収業の男性も、いい感じでグルと叔父をアシストしています。

グルの友達であり、通りを挟んだ家に住んでいる女の子も重要な役割を果たしています。もっともこの女の子については、「『父』が遺した」とは言えないかもしれません。でも、「女の子との関りを見守っていただろう」という見方をすれば、「父」の気持ちをくみ取れるかと思います。

こうして父が築いたグルを取り囲む人間関係は、グルが「父」を喪失したことの悲しみを克服するだけでなく、これからの生活を継続していくために必要不可欠なものになります。

親が築いた人間関係の中に子供を取り込んでいくことで、親亡き後の生活を支える強力な基盤になる。

私がこのドラマで最も深く学んだことでした。

【ポイント3】 スキル

グルと「父」は遺品整理の仕事を、一緒に行っていました。

ですから「父」が亡くなった後もグルは遺品整理で収入を得、社会の中で生きていくことができます。

遺品整理という仕事は、グルにとって生活の糧を得る手段に留まらず、自信の源にもなっていることでしょう。この自信は、他者との関係を築き保つための礎にもなります。

またグルは、自分で料理をすることもできます。

料理だけでなく、生活をするためのスキルを持つことは自立するための基盤です。グルは片づけもできます。

こうしたスキルがあったからこそ、訳アリの叔父との生活を営むことができたのでしょう。

「父」は、これらのスキルをグルに詰め込んだのではありません。

親が子供の特性に合わせて静かに、ていねいに、時間をかけて教えてきたのです。

もちろん、現実にはこの「父」のように子供に教えるなんてことは至難の業です。時には怒鳴ることも、ケンカすることも、泣いてしまうこともあるはずです。

でも、結局は子供の特性に合わせて教えなければ、スキルは身に付かないのではないでしょうか?

だからこそ、親は、親を支える人間関係が大切なのです。

親と子との両方に長期間関わり続けられる人とのつながりが、その家族を支えてくれるはずです。

人とのつながりを築き保つスキルを、まず親が身につける

「父」をみて、そのように感じた次第です。

仙台市のデジタルスタンプラリーで商品券をゲット!

仙台市が2000円分のデジタル商品券(上限20,000円)がもらえるデジタルスタンプラリーを開始しました。

一般的には1,000円以上の会計でもらうスタンプは1個ですが、国分町のスタンプラリー加盟店なら2,000円以上でスタンプ2個。

4個集めると、2,000円分の商品券。

ただし、スマートフォンに専用のアプリを入れないとダメなようです。

(スマートフォンの操作が不安な人には店員さんが対応してくれるお店もあるようです)

期間は10月20日~来年2月28日まで

詳しくは、仙台市のコチラのページを御覧ください。

仙台市の商品券「めぐトク」|めぐってトクする♪デジタルスタンプラリー|最大2万円分の商品券をGET! (sendai-stamprally.com)

イラストで分かる!デジタルスタンプラリー (sendai-stamprally.com)