アワビ、ナマコ、シラスウナギを取り扱う飲食店や小売店、宿泊業の方へ

密漁されるアワビやナマコ、絶滅が心配されるウナギの子供のシラスウナギ。

これらを保護するために流通を管理する規制が、令和4年12月に始まります。

水産流通適正化法と言います。

※正式には「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律」と言います。

生のアワビ等だけでなく、冷凍や乾燥、その他の加工をされたアワビ等を取り扱う事業者は、都道府県知事や農林水産大臣に届け出たり、取引の記録を保存したりする義務が生じます。

場合によっては罰則もある制度です。

小売店や飲食店、宿泊業を営む事業者も例外ではありません。

※ただし、消費者だけに販売する場合には、簡単な対応で済みます。

御興味のある方は、↓を御覧ください。

アワビ、ナマコ、シラスウナギの販売には届出と記録が必要!?~飲食店、小売店、宿泊業~

お気に入りの直売所の入荷情報をゲットできるアプリ

お気に入りの直売所ってありますか?

地域限定で販売されている食品とか、お気に入りの生産者の農産物なんかを扱っている直売所は?

ファームポスト

というアプリは、消費者と直売所・生産者をつなぐ情報サイトです。

詳しくは、ファームポストのWebサイトを御覧になってください。

生産者や直売所の方は、私のこちらの投稿も御覧になってみてください。

直売所アプリ ファームポスト | 澤田行政書士事務所~農と食 (nokasien-sawada.biz)

仙台市中小企業等事業復活支援給付金の受付延長

国の事業復活支援金。

事前確認は今日(6月14日)が締め切り。申請自体は6月17日、差額給付申請が6月30日が最終日になっております。

この影響と思いますが、

仙台市による事業復活支援金の上乗せ事業である

「仙台市中小企業等事業復活支援給付金」の申請締め切りが8月31日(木)に延長されました。

この仙台市の支援金は郵送申請であるため、当日の消印まで有効です。

申請には事業復活支援金の給付決定通知書のコピーを添付する必要があるので、締切が延長されて一安心です。

なお、この申請についての詳細と、申請書等の入手については、下記をクリックして仙台市のWebサイトを御覧ください。

【6月13日更新】仙台市中小企業等事業復活支援給付金について|仙台市 (city.sendai.jp)

フリーランス・個人事業主の方への情報提供

 一時支援金、月次支援金、事業復活支援金の事前確認や、宮城県・仙台市の新型コロナ対策の協力金などの申請のお手伝いを通して、多くのフリーランス・個人事業主とお会いして参りました。

 その方々との出会いを通して、私も多くの事を学びましたし、気づきもしました。

 何よりも強く感じたのは、フリーランス・個人事業主の方が知っておいた方が良い法律や手続に関する情報の重要性です。

 そこで、当事務所では、このウエブサイト上に法律・手続に関する情報を掲載し、関連したブログをnoteというサイトにも掲載することにいたしました。

フリーランス・個人事業主のための法律・手続に関わる情報 ⇒ フリーランス・個人事業主のためのページ

noteでの澤田のブログ ⇒ Sawada|note

noteについて

noteというのは、記事や写真を投稿する人たち(クリエイターと呼ばれています)の、インターネット上の発表の場です。

noteではクリエイターをサポートする機能があります。

これは記事が気に入ったなら、いくらかのお金をクリエイターに支払う機能です。

あくまでも記事が気に入った時に、自分で考える対価を支払うものです。ですから、クリエイターから支払いを強制するものではありません。

しかし、サポートはクリエイターの励みになることも事実です。

ですから、もし記事がお読みになった方の何かのお役に立ったなら、100円で結構ですのでサポートしていただけたら嬉しいです。

noteについてはコチラ ⇒ note ――つくる、つながる、とどける。

雲外蒼天

私の事務所の入口には、その折々に書を掲示しています。

※書いているのは私の妻でございます。

写真の言葉は、若草物語の著者のルイーザ・メイ・オルコットの言葉だそうです。

日本には雲外蒼天という同じような意味の言葉がありますね。

出典はわかりませんが、私は「みをつくし料理帖」という髙田郁さんの本で知りました。

世の中はいろんなことがありますが、その先に待っている清々しい景色を道しるべとして、今を生きる。

そんな心持ちで。

事業復活支援金の申請期限の延長について

事業復活支援金の申請期限が延長されました。

これに伴い、事前確認の期限も次のように延長されています。

事前確認の期限 : 6月14日(火)

申請の期限   : 6月17日(金)

ただし、

5月31日(火)までに申請ID(「C」から始まる数字のID)を取得する

必要があります。

ですから、事業復活支援金の申請を予定している方は、

まず、仮登録後に申請IDを取得しましょう。

事前確認の予約はその後でも大丈夫(のはず)です。

詳しくは、事業復活支援金の事務局HPを御覧ください。

フリーランスが仕事を請け負う時の契約書

 今朝の朝日新聞(令和4年5月23日)に次のようなタイトルの記事が掲載されていました。

文化芸術界、口約束より「契約書を」 文化庁が契約書ひな型例

 昨年の新型コロナ対策の「一時支援金」以降、私もイベントやコンサート関係の多くのフリーランスの方の事前確認を行って参りました。

 その方々との面談で、この記事にあるような話をたくさん聞いております。

 ただ「口約束」だけで仕事を請け負っているのはイベント関係に限りません。例えば、ホームページ作成もそうですし、広告関係、美容、カメラマンなどなど、幅広い業種のフリーランスが同じような状況下にあります。

 本来は、公正取引委員会(独占禁止法・下請法)や、この文化庁の検討会議が勧めるように契約書を取り交わすのが好ましいことは言うまでもありません。

文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けた検討会議(第5回) | 文化庁 (bunka.go.jp)

 ですが、これまでの習慣や力関係等で、「契約書を作りましょう」とは言いづらいかもしれません。

 でも、もし契約書を作ることが難しいならば、せめて契約にあたって確認し記録を残しておくべきポイントくらいは押さえておきたいものです。

 「契約書を作ってください」と言えなくても、あなたが作った「打合せ事項の確認書」のようなものを示して「これまでの打合せ事項をまとめたので、間違いないかどうか確認してください」となら言えるかもしれません。(あるいはメールで送って、訂正があれば返信してもらうとか・・・)

※その確認書に日付とサインをもらえれば、さらに良い!

 このホームページでも、フリーランスの方、あるいはフリーランスとの取引がある事業者向けに「契約書に記載しておきたい項目」を紹介しています。

 こちらのページを御覧ください「フリーランス・個人事業の契約の記録

仙台市宿泊事業者事業継続支援金~令和4年3月の地震で被害があった宿泊事業者向け

先日、申請受付開始の報道があった「仙台市宿泊事業者事業継続支援金」。

令和4年3月の地震により建物や設備の被害額の10%が交付される支援金です。

※上限金額は、1事業者あたり2,000万円。

仙台市のホームページから「申請の手引き」をダウンロードして、読んでみました。

それで気になった所について、簡単に記します。

※主に個人事業主を念頭に記載しておりますが、法人申請にも共通する部分はあるかと思います。

★手引きや申請書類は仙台市のHPからダウンロードしてください。

令和4年福島県沖を震源とする地震に係る仙台市宿泊事業者事業継続支援金について|仙台市 (city.sendai.jp)

1 旅館やホテルだけでなく、簡易宿泊所または民泊を営んでいる個人事業主も対象

この支援金は、旅館やホテルを経営する事業者は対象になります(大企業は除きます)。

それだけでなく、簡易宿泊所や民泊を営んでいる個人事業主も申請できます。

令和3年5月以降に開業された方も、地震の被害によって売上が大きく減少していれば、申請できる可能性はあります。

※ただし、宿泊施設の建物・設備に合計100万円以上の被害を受けたことが、支給の条件の1つになっています。

営業許可書等の添付が必要です。

2 建物・設備だけではなく、車両の被害も対象になる!

令和4年3月の地震では、仙台市中心部でも外壁や窓ガラスの落下等の被害が見られました。

気の毒な事に、それによって天井部分やフロントガラスが破損した車もありました。

もし、車体に旅館等の名称が書いてあったり、運行記録などの帳簿をつけていて、「宿泊事業のみに使用していた」ことが示せるならば、この車の損害も支援の対象になるかもしれません。

3 「被害状況がわかる書類等」の提出がハードルになるかも?

私が手引きを読んでいて、申請のハードルになりそうだと感じたのが「被害状況がわかる書類等」です。

中でも、次の書類等がポイントになりそうです。

  •  被災状況が確認できる写真
  •  建物・設備の配置図
  •  被害額がわかる書類
  •  設備の固定資産台帳
  •  住宅を兼ねている場合、住宅部分と事業部分の割合がわかる書類
  •  建物を建て替える場合は罹災証明

申請書類の作成等に困った時には、行政書士に相談を!

もし、申請書類の作成に困った時には、行政書士に相談なさってください!

※行政書士以外の者が報酬を得て申請書類の作成を行うことはできません。ただし、建築・設計図面、修繕よりも建て替えが安価になる理由書を作成する建築士は除きます。

当事務所でも申請のお手伝いや御相談を承ります。

当事務所の報酬額は以下の通りです。

御依頼内容報酬額
相談のみ(1回1時間まで)
※ただし、下の業務を御依頼の際は相談料は不要です。
5,000円
申請支援原則 : 申請額の3%
ただし、下限額は3万円、上限額は30万円
提出書類の一部のみ作成の場合書類作成の難易度によりますが、1つの書類ごとに
5千円~2万円 と見込んでいます。

★別途、出張費がかかる場合もあります。(1回5千円~1万円)

※相談以外の御依頼については、受任前に見積書を御提示します。