おじさんは心配だ!~18歳で成年ということ

2022年4月1日。

改正された民法が施行されて、18歳で成年になります。

中学校の教員として最後の2年間で関わった生徒の多くも、この改正で成年です。

飲酒・喫煙・競馬などはこれまで通り20歳から認められますが、それ以外は「大人」として扱われるわけです。

感慨深いですねえ~。

でも、元教員である行政書士のおじさんにとって、心配の方が大きい。

心配する理由。

例えば、高校3年生が親の同意なしに契約したとしても、親は保護者の権限で後で取り消すことができなくなるからです。

アパートの賃貸契約や、自動車のような高額な商品を買う場合には

まっとうな商売をしている業者ならば、

契約前に身元や支払い能力を確認したりするでしょうから、その時点で「契約はできません」となることでしょう。

でも残念ながら

世の中、まっとうな商売をしている人ばかりではないのです。

もしかすると、成年年齢の引き下げのタイミングを虎視眈々と狙っている人もいるかもしれません。

だから、自分の身を守るために、誰でもできることを2つ示しておきます。

とはいえ、現在、大人の私であっても怪しげな商売に引っかからないとは言えない。

1 財布に入っているお金で払えないような買い物をしたり、「お金が関わる契約」をする場合には、その前に必ず誰かの意見を聞く。

財布じゃなくてPaypayのような電子マネーでも同じです。

1日や2日くらいのバイト代では支払えないような物を買う時や、契約書にサインやハンコを求められたときは、「買う」と言ったり、サインをしたりハンコを押す前に、信用できそうな「大人」の意見を聞いてみること。

その上で「買う」と相手に伝えるかどうか、サインをするかどうか、ハンコを押すかどうか決めましょう。

インターネットで相手の業者の評判などを検索してみるのも大切な方法の1つですね。

ちなみに、業者から渡された紙に「契約書」と書いていない場合でも、簡単にサインをしないようにした方が良いですよ。

「お金が関わる契約」の意味

「お金を払う」契約はもちろん、「お金をもらう」契約も、この「お金が関わる契約」にあたります。

「お金を払う」契約の例として、「~の資格をとる講座」の受講契約や「エステ〇〇か月分」の利用契約などがあります。

「お金をもらう」契約として、「~をすると〇〇円もらえる!」みたいな契約があります。

一見、簡単なノルマのように見えても、それが少しずつノルマがきつくなって、やがて達成できないと高額の賠償金を支払うことになっていたり、「ワナ」が仕組まれていたりすることもあるので注意が必要です。

2 逃げ道を確認しておこう!

「ヤバイかも」と思った時に、いつでもすぐに逃げられるように、逃げ道を確認しておくことも大事です。

逃げ道はいくつかあった方が無難です。

<逃げ道1>

契約書の中の「解約」とか「解除」とかの条件を読んでおく。

<逃げ道2>

消費者センター や 国民生活センター

⇒ 買い物や契約に関することならこと。

<逃げ道3>

労働基準監督署

⇒ バイトの労働条件やハラスメント、バイト代に関わることならここ。

<逃げ道4>

市町村等で行っている無料相談

⇒ 月に1回程度、市町村の役場で弁護士や司法書士、行政書士などが無料で相談を行っています。

<逃げ道5>

弁護士、司法書士、社労士、行政書士 

⇒ これらの専門家に相談する時には相談料がかかります。あらかじめ電話かメールで相談日時を予約します。

⇒ 「どこに相談していいか、わからない?!」という時は、行政書士がいいかもしれません。どこに相談すべきか教えてくれると思います。

<逃げ道6>

NPO や 労働組合

⇒ NPOや労働組合の中には、とことん困っている人に寄り添って、良い専門家につないでくれるところもあります。

<逃げ道7>

インターネットで検索!

⇒ インターネットの情報が全て安全だとは言えないけれど、どうしても困ったら検索してみましょう。

関連する法律

  • 消費者契約法(消費者の契約全般に関する法律)
  • 特定商取引法(キャッチセール・訪問販売・通信販売・習い事やエステサロン他に関する法律)
  • 割賦販売法(分割払いなどの契約に関わる法律)
  • 労働契約法(バイト等の契約に関わる法律)
  • 労働基準法(労働条件に関わる法律)
  • 借地借家法(アパートの賃貸契約に関わる法律)
  • 民法

上に挙げた法律は、契約関係で困った時に拠り所になるものの中の代表です。

これらの法律を知らなくても、上に挙げた逃げ道に頼れば助けてくれると思いますが、知っていて損はないと思います。

成年年齢の改正について、詳しくはコチラ

法務省:民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について (moj.go.jp)

法務省:民法(成年年齢関係)改正 Q&A (moj.go.jp)

18歳から“大人”に!成年年齢引下げで変わること、変わらないこと。 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン (gov-online.go.jp)

あれこれ

「20歳で大人」の今までだって、ヤバい契約に注意をしなければならなかったのは変わりはありません。

でも、「高校3年生で大人」というのと、「高校卒業して2年程で大人」というのとでは、危険の度合いが違うような気がするのです。

これまでであれば、高校卒業してから2年程度は、「親による契約の取消し」という武器のもとで、少しずつ社会経験を積みながら成年になることができた。

振り返ってみれば、この2年というのは社会・経済活動上の予行練習期間として大切な時間だったのかもしれません。

しかし「18歳で大人」であれば、多くの人は起きている時間のほとんどを「社会・経済」活動から隔てられた高校の中で生活し、しかも「未成年の契約の取消し」もありえた。それが、高校卒業と共にポンと、予行練習期間なしに、いきなりフルスペックの大人として扱われるわけです(法律上は)。

もちろん、中学校や高校で様々なことを教わってきたとは思います。

でも、わが身を振り返ってみると・・・・心配にもなるわけです。

もっとも、10代20代の時の私より、よほどしっかりした若者が多いとも思ってはいるんですけどね。

年をとると、「私の若いころは・・・」とか「近頃の若い者は・・・」というものらしいので、若者の心配をしだした私も年をとったということなのかもしれませんが・・・。

※画像はすべて「いらすとや」より

実家と空家と相続と~YouTube

「実家を相続したけれど、そこに住む予定がない・・・」

そんな時、どうなさいますか?

現在、所有者と連絡のつかない空家が全国的に増えているそうですが、その原因の1つとして挙げられているのが、

不動産の相続手続がされていない

ということ。

今回の動画は、この問題に対する制度を中心に話しております。

上の画像をクリックすると、動画を御覧いただけます。

※この動画に関連した記事はこちら!

不動産の相続~法律の改正

不要な土地を国へ帰属できる制度

ふくろう と ヤーコン茶

写真の小物は、竹細工のふくろうなんです。

フクロウは、昔から縁起物とか運気アップの象徴と言われているそうです。

「福郎」⇒福が来る  

という語呂合わせもあったりして。

ふくろうの小物は、ジェムストーンという宮城県大崎市にある障がい者の就労支援を行っている施設の利用者が作った物なんです。

今週の11月23日に、仙台市の地下鉄泉中央駅に隣接する泉中央駅前広場(おへそひろば)で、バザールがありました。

いくつの店があったのか正確には分からないけど10店舗以上はあったと思います。

その一角にジェムストーンが、写真のように出店していたんですね。

それで、フクロウが可愛かったので買っちゃったということです。ほぼ一目ぼれです。

冒頭のフクロウの話題は、小物に付属していた説明書きからの受け売り。単にかわいいから作ったわけではないのですね。

(フクロウの語呂合わせは、福郎の他に2つ書いてありました。)

実はジェムストーンの売れ筋商品は

ヤーコン茶。

(写真にも表示が少し写っていますが)

ヤーコン茶が人気の理由は様々な効能が期待できるからだそうです。

(参照 : 特定非営利活動法人日本ヤーコン協会のウエブサイト )

実際、私がジェムストーンの方と話しをしている間、日本語が上手な外国人の女性が買っていかれましたし、その他にも何人かの方がヤーコン茶についてお尋ねになられておりました。

ヤーコンと言えば、以前、農業の経営などについて色々教えていただいた平松農園さんも、どうやらヤーコンを栽培しているようですね。

正直言って、ヤーコンがこれほど話題になっていたなんて知りませんでしたよ。

ちなみに、泉中央で行っていたバザールは「きょうされん」という障がい者関係団体の宮城支部が主催したものです。年に何回か同様の催物を行っているようです。

きょうされん主催のバザール以外にも、障がい者施設が出店する催し物や常設の店舗があります。(例えば、仙台市青葉区錦町のエフブンノイチ(1/f))

ジェムストーンも、地元の道の駅などでヤーコン茶を販売しております。

御興味のある方は、道の駅などで探してみてください。

★ジェムストーンは特定非営利活動法人学びの庭が運営している施設です。

不要な土地を国へ帰属できる制度

土地のイラスト

前回「不動産の相続~法律の改正~」の続きです。

「土地を相続したけど、自分はいらない」

ということって、よくあります。

「だから売りたいのだけれど、売れない・・・。」

こうした場合に、その土地を国のものにしてもらう制度ができました。

この制度がスタートする時期は令和5年の4月くらいまでに決まります。

1.対象になる土地

相続か、遺言によって遺贈された土地です。

その他の理由で取得した土地は、この制度の対象外です。

あくまでも土地のみです。

2.国のものにしてもらうための条件

次の場合には、申請できません

  • 建物がある土地。
  • 抵当権や地上権、賃借権などが設定されている土地。
  • 特定有害物質により汚染されている土地
  • 境界が明らかでなかったり、所有権などに争いがある土地。

つまり、権利関係や負債がまったくない、まっさらな土地だけが、国が引き取る可能性が生まれます。

その上で、次のどれかに当てはまる場合には、国は引取りを断ることになります。

  • 崖があって、その管理に費用や労力がかかる場合。
  • 通常の管理や処分ができなさそうな、工作物や樹木、車両などがある場合。
  • 取り除かなければ土地を利用したりすることができないような物がある場合(地下も含む)。
  • その他、争いがあるなどの管理や処分をする時に費用や労力がかかる場合。

法律の施行まではまだ時間があるので、国が不動産を引き受ける条件は、これからもう少し具体化されるかもしれません。

1つ言えるのは、管理や処分に手間がかかったり、争いに国が巻き込まれる可能性のある不動産については、それらを解消してから申請すべきかと思います。

3.手続(予定)

① その土地を相続した相続人が、手数料を納付して法務大臣に申請します(提出先は法務局?)

② 法務局が申請のあった土地について審査をします。(実地調査も有り得ます)

③ 法務大臣の承認があったら、申請者は負担金を納付します。

④ 負担金の納付の後、その土地は国庫に帰属することになります。

負担金

その土地に応じた標準的な管理費用の10年分に相当する額を、負担金として納めます。

法務省は、原野が約20万円、市街地の宅地(200㎡)で約80万円くらいを参考地として挙げています。もちろん、その土地の様々な条件によってこの額は変わるでしょう。

死後事務委任契約~お一人様の終活~

落葉のブーケ

「自分が死んだ後、手続はどうなるのか?」

ということを心配されている高齢者が、最近、増えているそうです。

特に、1人暮らしの方や、高齢者夫婦だけの世帯の場合は深刻な悩みかもしれません。

行政書士の中には、そうした方々へのサービスとして

死後事務委任契約

というものを提供している者もおります。

私もその一人です。

詳しくは、

死後事務について

に書きましたので、そちらを御覧ください。

私のホームページを御覧になれる御高齢の方は少ないかもしれませんが、機会がございましたら、お知り合いの高齢者にお話しして頂ければ幸いです。

贈与~税金以外のことも含めて

ちょっとしたお金や物を人にあげる時って、法律上の影響なんてことは考えもしないで、気楽にプレゼントしますよね。

でも少しまとまった金額や価値のある物を贈与をする時、あるいは逆にもらう時は、少しモヤッとした不安とか感じたりしませんか?

それが子供や孫が相手なら、税金の事が気になって調べてみたり税理士に相談したりもするでしょう。

でも、税金以外の事が気になったりはしませんか?

そこで、贈与について民法に関わることを簡単にまとめてみたので御覧ください。⇒ ココをクリック

また、当事務所のYouTubeのチャンネルでも贈与についてのミニセミナー動画を載せています。

 ・贈与か、相続か

 ・生前贈与は慎重に

動画の内容を簡単にまとめたパンフレットが↓になります。

生前贈与は慎重に!~YouTube

今回は、贈与税の特例についてのお話です。

単純な相続税と贈与税の比較では、贈与税の方が税金の負担が重くなっています。

しかし、申告の時に様々な特例を利用すると、贈与税の負担が軽くなります。

近頃、週刊誌の公告をみると生前贈与を勧めるタイトルを目にしますが、それは、こうした特例は期間限定であることが多いので、

ですが生前贈与については、税金対策以外にも考慮すべき点があります。これを軽くみると、相続時のトラブルにつながったりします。

そうした点について、動画で簡単に説明しております。

御興味をお持ちの方は、上の画像をクリックしてください。動画を御覧いただけます。

なお、他の動画はこちらから ⇒ 動画のリスト

土地の相続~登録免許税の免税措置【時限】

「所有者が不明の土地が、九州の土地面積(368万ha)を上回る約410万ha」という推計があるようです。

土地の所有者が不明だと、その土地を買いたい人が買えないだけでなく、公共工事(道路の拡張だったり、ライフラインの敷設)や防災・復旧作業ができなかったりといった、様々な弊害があります。

国交省「所有者不明土地を取り巻く状況と課題について」より

土地のイラスト

こうした状況を受けて、政府も様々な対策を立てています。

特に、所有者が不明になる大きな原因の1つである相続手続については、民法や不動産登記法などが改正され、令和5年以降から順次施行されていきます。

(それらについては、機会を改めて御紹介いたします。)

今回は、その対策の一環として現在実施されている「相続登記の登録免許税の免税措置」について簡単に御紹介します。

1.登録免許税の免税措置が利用できるのは・・・。

登録免許税の免税措置が受けられるのは、土地の相続登記についての、次の2つのケースのような場合です。

<ケース1> 最近、父(又は母)が亡くなったが、土地の名義が何年も前に亡くなった祖父(又は祖母)のままだった。

このケースは、私もよく遭遇します。

この時点でも相続人が何人もいて、登記手続のためにハンコをもらうのが面倒な状況になっていたりします。

面倒だからと言って、そのまま放置すると、さらに相続人が増えて、中には行方知らずの人もいて・・・なんてことになりかねません。

そこで、早めに登記を促すために、この免税措置がとられたのだと思います。

このケースの相続手続としては、「祖父から父への相続手続」と「父の死亡による相続手続」の2段階あります。

※「祖父死亡の時に、父以外に相続人はいなかった」とします。

この2段階のうちの「祖父から父への相続手続」の部分で、土地の登録免許税が0円になるのが、この措置です。

<ケース2> 田舎の土地を相続したが、不動産の価値が10万円もしない。

市街化区域以外のにある評価額が10万円以下の土地を相続した場合です。

特に利用する予定がないと、相続手続をしないままにしてしまったりします。

でも、道路の拡幅などの公共事業でその土地を使用する場合に、所有者が不明だったり、相続人が多数いたりすると事業が進まなくなってしまいます。

そこで、市街化区域以外にある法務大臣が指定した土地の相続手続では、登録免許税が免除されます。

宮城県内の法務大臣が指定した土地については、仙台法務局のHPの「免税対象となる土地」を御覧ください。

2.  登録免許税の免税措置の期限

令和4年(2022年)3月31日までに<ケース1>や<ケース2>のような土地について、相続登記をする場合に免税措置が適用されます。

3.ご注意ください。

免税措置の期限まであと5か月少し(この投稿を書いているのは令和3年10月初旬です)。

免税措置を受けるならば、もう動き出した方が良いと思います。

というのも、相続登記の前にやらなければならないことがあり、恐らく、それに手間暇がかかると思われるからです。

<ケース1>のような場合には、まず祖父(又は祖母)が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本等を取り寄せなければなりません。

法定相続人が誰なのか、確認するためです。

もし、祖父(又は祖母)の法定相続人が複数いたならば、それらの方々の所在を調べ、その中に既にお亡くなりになった方がおられれば、その方の法定相続人も調べる必要があります。

また、場合によっては遺産分割協議書を作成したり、あちこちに御住まいの相続人全員から印鑑証明等の書類や印をもらったりしなければなりません。

これらの手続には時間がかかるので、早めに取り掛かった方が良いのです。

4.相続手続の相談、手続の依頼は・・・

不動産の登記に関する相談や手続に関わる専門職は、司法書士です。

しかし、戸籍の収集や、遺産分割協議書の作成は行政書士に御依頼いただけます。

当事務所への連絡先は、こちらからどうぞ⇒お問い合わせ

★免税措置の詳細は・・・

免税措置の詳細は、法務局の次のウエブサイトを御覧ください。

法務局のHP「相続登記の登録免許税の免税措置」

モデルナ製ワクチン2回接種完了

予防注射を受ける人のイラスト(マスクあり)

先週の木曜日にモデルナ製ワクチンの2回目の接種が終わりました。

1回目は注射した所が痛むだけで、その他の副反応はなし。

でも、2回目に発熱する人が多いと聞いていたので、接種の翌日は予定を入れずに臨みました。

2回目はベテランの看護師さんが打ってくださったためか、針を刺した感触だけで痛みらしい痛みもなく終了。

その夜も発熱はなく「なんだ楽勝だな」と思ったものです。

既に2度の接種を済ませている実母と実姉も「接種した所の痛みだけだった」と言っていたので、副反応が起きにく体質なのかとも。

翌朝、普段通りに朝4時に起床。

コーヒーを飲みながら、民法の教科書を読み、5時頃に検温。平熱。

1時間後、シャワーを浴びる前にもう一度検温。平熱。

この時点で「熱は上がらない」と思いましたね。

朝食後、ゴミ出し。午前7時頃もう一度検温。この検温の結果で出勤するかどうかを決めようと思っていました。

結果、まだ36度台だったけど、明らかに体温が上昇していました。

妻の忠告もあり、大事をとって出勤は見合わせることにしました。

この決断は正解で、8時頃には37度を超え、9時頃には37度7分くらいまであがりました。この時点で解熱剤を飲みましたが、午後には38度を超えました。

翌日の朝は37度くらいで、お昼ごろには平熱に。ただし、このころから頭痛が。

結局、頭痛も平気になったのは夕方くらいだったでしょうか。

モデルナの副反応はキツイとは聞いていましたが、「インフルエンザのワクチン接種とは違うなあ」と実感した所です。

というわけで、これから2回目の接種を受けられる方は、油断せずに準備を整えて臨んでください。

ところで・・・。

私が受けた集団接種の会場は、原則的に1回目の4週間後の同じ時間に2回目の予約が割り振られるシステムでした。

でも、1回目より2回目の方が人が少なかった・・・。これはどういうこと?

ボーっと管理していると、兄弟に叱られる!~YouTube配信⑨

YouTubeに「ボーっと管理していると、兄弟に叱られる!」という動画を公開しました。

親が認知症になったために、そのお金や家の管理をする役割を担うことがあります。

でも、管理の仕方によっては、相続の時のトラブルに発展しかねません。

少々面倒くさくっても、慎重に取り扱うことに越したことはないのです。

この動画では5つの方法を紹介しています。

ぜひ御覧になってください。

話しは変わりますが、

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」で、北大路欣也さんが徳川家康役で、時代背景とかを話すコーナーがあります。

お一人で、長~いセリフを見事に語る。

プロですねえ。すごいです。