ふくろう と ヤーコン茶

写真の小物は、竹細工のふくろうなんです。

フクロウは、昔から縁起物とか運気アップの象徴と言われているそうです。

「福郎」⇒福が来る  

という語呂合わせもあったりして。

ふくろうの小物は、ジェムストーンという宮城県大崎市にある障がい者の就労支援を行っている施設の利用者が作った物なんです。

今週の11月23日に、仙台市の地下鉄泉中央駅に隣接する泉中央駅前広場(おへそひろば)で、バザールがありました。

いくつの店があったのか正確には分からないけど10店舗以上はあったと思います。

その一角にジェムストーンが、写真のように出店していたんですね。

それで、フクロウが可愛かったので買っちゃったということです。ほぼ一目ぼれです。

冒頭のフクロウの話題は、小物に付属していた説明書きからの受け売り。単にかわいいから作ったわけではないのですね。

(フクロウの語呂合わせは、福郎の他に2つ書いてありました。)

実はジェムストーンの売れ筋商品は

ヤーコン茶。

(写真にも表示が少し写っていますが)

ヤーコン茶が人気の理由は様々な効能が期待できるからだそうです。

(参照 : 特定非営利活動法人日本ヤーコン協会のウエブサイト )

実際、私がジェムストーンの方と話しをしている間、日本語が上手な外国人の女性が買っていかれましたし、その他にも何人かの方がヤーコン茶についてお尋ねになられておりました。

ヤーコンと言えば、以前、農業の経営などについて色々教えていただいた平松農園さんも、どうやらヤーコンを栽培しているようですね。

正直言って、ヤーコンがこれほど話題になっていたなんて知りませんでしたよ。

ちなみに、泉中央で行っていたバザールは「きょうされん」という障がい者関係団体の宮城支部が主催したものです。年に何回か同様の催物を行っているようです。

きょうされん主催のバザール以外にも、障がい者施設が出店する催し物や常設の店舗があります。(例えば、仙台市青葉区錦町のエフブンノイチ(1/f))

ジェムストーンも、地元の道の駅などでヤーコン茶を販売しております。

御興味のある方は、道の駅などで探してみてください。

★ジェムストーンは特定非営利活動法人学びの庭が運営している施設です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です