アワビ、ナマコ、シラスウナギを取り扱う飲食店や小売店、宿泊業の方へ

密漁されるアワビやナマコ、絶滅が心配されるウナギの子供のシラスウナギ。

これらを保護するために流通を管理する規制が、令和4年12月に始まります。

水産流通適正化法と言います。

※正式には「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律」と言います。

生のアワビ等だけでなく、冷凍や乾燥、その他の加工をされたアワビ等を取り扱う事業者は、都道府県知事や農林水産大臣に届け出たり、取引の記録を保存したりする義務が生じます。

場合によっては罰則もある制度です。

小売店や飲食店、宿泊業を営む事業者も例外ではありません。

※ただし、消費者だけに販売する場合には、簡単な対応で済みます。

御興味のある方は、↓を御覧ください。

アワビ、ナマコ、シラスウナギの販売には届出と記録が必要!?~飲食店、小売店、宿泊業~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です