エンディングノート

人が亡くなった後、その方の遺産を分割し終わるまでの一連の手続きの中で、

「誰が何を相続するか」という相続分を決めることはもちろんだけど、

「相続人は誰か?」という相続人の確認と、

「遺産として、何があるのか」「その評価額や残高は?」「その書類はどこか?」という相続財産の確認が

意外と手間暇がかかります。

弁護士や行政書士のような専門職に依頼しても、

ここに時間がかかるようであれば、

その分だけ支払う報酬額も高くなるかもしれません。

だから、御本人が元気なうちに、

身内の氏名と連絡先や、どんな財産がどれくらいあるのか、とか

エンディングノートにしたためておくことが大切だと思います。

また、終末医療や葬儀・埋葬に希望があるならば

御家族とも話し合ったうえで、それも記録しておくこと。

いろんなメディアで終活の在り方として報じられているので

十分ご存じの方が多いと思いますが、

最近出あったお客様の中に、こうしたことがきちんとされていて

事務がやりやすく、また感心したものですから、敢えて一筆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です