中学生の職業調べ 

現在、夏休みの真っただ中の中学生。

学校から様々な課題が出されていると思いますが、恐らく中学生にとって厄介な課題の1つが「職業調べ」。

本やインターネットで調べたことをレポートにするだけなら、それほど厄介ではないはずです。

でも「その職業の人にインタビューをして、その結果をレポートにしなさい」となると難易度は一気に上がります。

実は今日、当事務所に中学生が職業調べのインタビューをしに来ました!

暑いのでラフな格好で失礼します!

私も行政書士になってインタビューを受けるのは初めてなので、少しドキドキしましたね。

事務所に来た中学生も緊張したと思います。

職業調べの対象としての行政書士は、数ある職業の中でもレポートにまとめるのが難しいだろうと私は思います。

それにチャレンジしてくれた中学生に、まず感謝です!

今日来てくれた生徒さんは、10数個の質問項目を考えてきました。

それに対する私の回答は、自分でもわかりやすかったとは思えなかったのですが、真剣に聞きメモをとってくれたことにも感謝です!

わたしの教員時代の記憶からすると、インタビュー調査は用意した質問項目だけで終わる生徒が大多数です。

でも今日、来てくれた生徒さんは私の回答に対して、追加の質問もしてくれました!

これは私の言葉を真剣に聞いてくれた証拠で、このことにも感謝です!

ということで、難易度の高いインタビューを、今日来た生徒さんは立派にこなしたと思います。

今日のインタビューが生徒さんにとって良い経験になってくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。