住まい探しと防災

家を買う時に、買おうとする場所の利便性の他に、ハザードマップを見たり住宅性能などの防災情報を確認した上で契約する方は多いかと思います。

では、賃貸住宅の契約時はいかがでしょうね?

昨日お話しした方は、御自宅の近くに活断層があることや、大雨の時に溢水しやすい川があることを御存知なかった。

今年、鹿児島市全域に避難指示が出たときに「どこに逃げればいい」という戸惑いの声が上がったそうです。

住まいの近くに河川がなく、ハザードマップでも浸水被害予測の地域から離れている。崩れそうな山や崖からも遠いなんていう場合は、家に留まった方が安全かもしれません。

住まいを決めるときは、各種のハザードマップなどでその土地のリスクも確認してから契約する。

そうすることで、火災保険の補償内容を含めた防災対策に役に立つと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です