死後事務委任契約~YouTube

人が亡くなった後の様々な手続(葬儀・納骨なども含めて)を、行政書士や弁護士などにあらかじ頼んでおくことを、死後事務委任契約と言います。

死後事務委任契約を検討しておいた方が良いのは、次のような方々。

  • 1人暮らしの高齢者
  • 高齢者夫婦、あるいは高齢者の兄弟姉妹だけの御家庭
  • 病気等で死後事務を任せることのできないお子さんなどのいるご家庭
  • その他、死後事務を依頼できる人がいない方。

動画では、上のケースとは少し事情が違う場合も御案内しています。

ぜひ、画像をクリックして動画を御覧ください。

死後事務委任契約の詳細についてはコチラ ⇒ 死後事務について

その他の、終活関係の動画はコチラから ⇒ 動画のリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。