雨が降っているのに沢の水量が減ったら要注意

昨日は、普段水が流れていない谷で、大雨の後にできた沢のリスクについて紹介しました。

今日は、その逆に近い現象のリスクです。

沢または小さな川が流れていて、雨が降っていたり、大雨が小降りになったりした直後。本来、川の水量が変わらないか、あるいは増加しているはずなのに、なぜか沢の水量が減ったなら、川の近くから急いで逃げた方が良いのです。

なぜなら、上流部で土砂崩れが起きたため、沢がせき止められて、いわば自然のダムができた可能性があるからです。

このダムの水が安全に排水されないと、やがて決壊し、下流部に岩や材木を伴った土石流・鉄砲水となって押し寄せてくるかもしれません。

私は、このことを「岳」というマンガで知りました。ボランティアで山岳救助をしている人が主人公。けっこうタメになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です