夫婦合わせて201歳

昨夜放送されたNHKの「所さん!大変ですよ」は、高齢者の健康の秘訣についての特集でした。

その中で2人の年齢を合わせると201歳になるという御夫婦が、とても幸せそうで、あのような年の取り方をしたいものだと思ったものです。

たまたま昨日の仕事の帰り道、なんとなく「幸せ」について考えていたのでした。

ドラマなどのプロポーズで「必ず幸せにします」みたいなことを言いますよね。その「幸せにする」ということの中身のことです。

何年かしたらマイホームを建て(あるいは買い)、それなりの収入と、安定した生活、家族全員が笑顔で暮らす、というイメージかなと勝手に想像したのです。

そこで私が、これも勝手にひっかかったのが「何年かしたら」というところ。

でも、先の201歳の老夫婦のように、その日、その時に幸せを感じられるということが、実は何よりの幸福なんだろうなと、実は皆がわかっていることが、ふと腹に落ちたのです。

そのために、自分の周囲の人の幸せのことを考える。先日のブラタモリで紹介していた最澄の教えである「忘己利他(もうこりた)」が、本当に大切なんだなと、思った昨日の夜だったのです。

・・・なかなか実践できないのですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です