東日本大震災関連の判決から①

東日本大震災に関連して、いくつもの裁判が起こされました。

その中で、私は3つの事件に関する判決文を読みました。

大川小学校事件の原審と控訴審、日和幼稚園の原審、野蒜小学校の原審と控訴審の判決文です。すべてニュース等で報道されているので、御存知の方も多いことでしょう。

3つの事件は、すべてその学校の児童が亡くなっています。(野蒜小学校では、ここに避難してきた地域住民の遺族も原告になっています)

亡くなった状況はそれぞれ違うのだけれども、3つの事件とも、子供が亡くなった被告つまり学校側の責任を認め、厳しい判決が下されています。

大川小学校の事件は、現在、最高裁判所に上告中であり、確定はしておりませんし、日和幼稚園事件と合わせて、判決には異論がネット上でも見られます。

判決そのものの妥当性については置くとして、判決文から読み取れる防災上の注意点を挙げてみたいと思います。

私が読み取ったことを3つにまとめてみます。

その3つとは

 ① 想像力と情報収集

 ② 判断と行動

 ③ マニュアルの整備とそれに基づいた訓練

です。

この3つについての詳細は、また別の機会に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です