自分のことは、自分で決めたい!~YouTube

認知症の方の定期預金を、解約する手続は後見人が本人に代わって行います。

では、「定期預金を解約する」という意思は、誰が決定するのでしょうか?

今回の動画は、こうしたことについて語っています。

つい、長くなってしまったので恐縮ですが、御覧いただければ嬉しいです。

YouTubeの動画は、動画のリストから御覧ください。

なお、簡単なパンフレットも作成しました。

「終活」なんておやめなさい

ひろさちや という仏教の本をたくさん書かれておられる方がいらっしゃいます。

私が大学生の時、後輩にこの方の著書を薦められて以来、これまで何冊か購入し読んでいます。つまり、私の仏教に関する知識の多くは、この方の本から得たものです。

困ったことに、ひろさちやさんは「『終活』なんておやめなさい」という本もお出しになっているんです。

※「終活なんておやめなさい」ひろさちや著(青春新書プレイブックス)

しかも、現在発売されている「週刊新潮2021年5月6・13日ゴールデンウイーク特大号」にも同じタイトルの記事が載っているらしいのです。

ちなみに、私は新書の方を読みました。

ひろさちや さんらしい、とてもわかりやすくて、「なるほど。さすがだなあ」と感心してしまいました。

しかしながら、ここは敢えて尊敬する ひろさちや さんの主張に異を唱え

自分なりの終活をいたしましょう!

と、私は言いましょう。

ひろさちや さんはバリバリの仏教徒だと思います。

ひろさちや さんの「終活をしない」という主張は、1つには仏教の考えが背景にあると思います。

でも、私たちの中のどれほどの人が、そうした仏教的死生観を持っているでしょうか?

もう一つ、ひろさちや さんの「終活をしない」という主張には、いくつかの世代が同居する昔ながらの家族の存在を前提にしていると私には思われます。

つまり、祖父母、両親、孫の3世代同居家族。あるいは同居まではいかなくても、しょっちゅう互いの家を行き来したり連絡を取り合っている家族。

こうした家族ならば、互いの経済観や死生観を知り、感じられる関係にあるから、遺言やエンディングノート、あるいはリビングウイルなども不要かもしれません。介護も、自宅で家族が協力して行うことで、何の不足もないことでしょう。

さらに、お葬式の形式も古くからのしきたりで行うことが当然で、「死人が出た」となれば頼まれなくても隣近所から人や物が集まり葬式が進んでいくというような地域であれば、かえって「葬式への希望」などは邪魔なだけかもしれません。

しかし、社会も人も、そうしたものからは変わった。

あなたの大よその財産や死生観あるいは信仰や、生活・食べ物の好みを知っている人で、身近にいるのは何人おられるでしょうか?

だから、私は「終活をしましょう!」と呼びかけます。

終活は、「自分がやがて死にゆく存在である」ということを受入れていく準備にもなります。

この「死にゆく自分を受入れるための終活」は、ひろさちや さんも否定しておりません。

また、嬉しいことに、ひろさちや さんは「散骨おおいに結構」と仏教や葬式・納骨の歴史を踏まえて、述べておられます。

だから、自分なりの終活をしましょう。

とりあえず、御家族で私の終活に関する動画を御覧になってみてください。

動画は無料で御覧いただけますから!

公開済みの動画は、「動画のリスト」から見ていただくか、YouTubeで「仙台の澤田行政書士事務所」で検索してみてください。

ボーっと管理していると、兄弟に叱られる!~YouTube配信⑨

YouTubeに「ボーっと管理していると、兄弟に叱られる!」という動画を公開しました。

親が認知症になったために、そのお金や家の管理をする役割を担うことがあります。

でも、管理の仕方によっては、相続の時のトラブルに発展しかねません。

少々面倒くさくっても、慎重に取り扱うことに越したことはないのです。

この動画では5つの方法を紹介しています。

ぜひ御覧になってください。

話しは変わりますが、

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」で、北大路欣也さんが徳川家康役で、時代背景とかを話すコーナーがあります。

お一人で、長~いセリフを見事に語る。

プロですねえ。すごいです。

私の後見人は私が選びます!~YouTube⑧

今日、YouTube動画「私の後見人は私が選びます!」を公開しました。

内容は、任意後見制度についての簡単な説明です。

認知症などで判断する力が衰える前に、将来、財産管理をお願いする方と契約を結んでおくのが任意後見制度です。

もう少し詳しいことは動画を、どうか御覧ください。

YouTube「私の後見人は私が選びます!

その他の動画については、「動画のリスト」を御覧ください。

延命措置、誰が決める?~YouTube⑥

動画のサムネイル: 延命措置、誰が決める?

YouTubeに投稿した動画は、延命措置についての意思の表示がテーマです。

「リビングウイル」 とか 「尊厳死宣言」 と言われるものです。

このテーマについて、私は若いころから関心がありました。

中学校の教員をしていた時は、道徳の時間にしばしば取り上げたものです。

それでもYouTubeのような動画という一方的に流すタイプのメディアでお伝えするのは大変難しくて、意図していることがきちんとお伝えできているかどうか、正直言って、少々心配です。

やはり、対面で一緒に考える方が、私は好きだなあ。

それにしても、動画の時間がだんだん長くなってきている。もう少し、コンパクトに、わかりやすくまとめたい。反省します。

延命措置、誰が決める?

YouTube⑤

3月5日に、YouTubeに

エンディングノートって、めんどくさい!

を公開しました。

今回の動画は、「あるお宅に相談のためお邪魔した」という設定で作ってみました。

御協力いただいた Kさんと御家族には感謝申し上げます。

次回は、延命措置についての意思表示についての動画を予定しております。

その他の動画は、こちらの「動画のリスト」から御覧ください。

YouTube④

動画の4回目。

「親に終活してもらいたい!」

を投稿しました。

動画は、難しいです・・・。

TVでスラスラしゃべれる人。尊敬します。

前は

「なんか、この人の喋りはグダグダだなぁ」

とTVの前で、偉そうに言っていたこと、

反省しております。

ハイ。

生前贈与の注意点

相続とか遺言書の作成の勉強をしたり、相談を受けていて思のは、

生前贈与って、注意深くやる必要があるなぁ

ということ。

というわけで、

生前贈与の注意点

というパワーポイントの資料を作りました。

資料だけ見ると、文字や数字だらけで

うぇ~

ってなりますけど・・・。

セミナーでは、必要なところだけ示して

話しで補えるし、質問も自由にしていただくので

うぇ~

とはならないと思います。(そのように思い込んでいます)

というわけで、資料だけの提供は原則としていたしません。

御相談は随時受け付けております。